水商売でも定期的な収入があることを証明できればお金を借りる事は可能

omizu

水商売関連のお仕事をしていると、職業のせいで消費者金融の審査に引っかかってしまうかどうか心配な方は多いでしょう。しかし、もちろん水商売関連のお仕事でも審査に通ることは可能です。

ですが、この場合は審査の際に注意しなければいけない点があります。水商売関連のお仕事をしている方は副業としてこのお仕事をしている方も多く、職場に副業をしていることを隠すために税金の申告をしていない方が多いです。

ですが、この申告を行っていないと源泉徴収票などといった公的な収入を証明する書類を発行することがで出来ません。その上、個人信用情報機関を通して1か月にどれだけの収入があるかどうかを確認することもできないので審査に落ちてしまいます。

そもそもお金を稼いだらその分だけ税金を納めなければいけないという義務があり、その義務を怠ってはいけません。消費者金融だけでなく、クレジットカードなどの契約をする際にも月々の収入を証明することができないと審査に落ちてしまうので、本業としていても、副業としていてもしっかり申告をするようにしましょう。

もし本業のお仕事がある場合は、申告する年収を本業の収入にしておけば問題ありません。やはり水商売は一度に稼ぐことができる金額が大きいので、この分の収入を加算すれば確かに借りることのできるお金の金額も大きくなりますが、副業の存在を知られたくないのであれば本業のみの年収を申告しましょう。

在籍確認はどうやってクリアするの?

消費者金融を利用するうえで心配なのが在籍確認です。水商売のお仕事は基本的に源氏名で行うので、本名をスタッフが知らないということも多いです。

ですが、職場で働く人がこのような契約や、賃貸物件、クレジットカードの契約ができるように在籍確認に対応するための会社を用意していることが大半となっています。そのため、事前にスタッフの方にこの会社を利用したいという旨を伝えておけば問題なく在籍確認をクリアすることができるでしょう。

また、お店の営業時間が夜間のみで、申し込んだ企業が営業している時間帯にお店が営業しておらず、在籍確認ができないために通らないということもあります。このような場合も利用者に多いので、大手の会社からお金を借りる場合は柔軟に対応してもらうことができます。

万が一在籍確認ができない場合には、職場を証明することができる書類で対応してもらうことが大半であり、不安なのであれば申し込みの際に相談するようにしましょう。

副業として水商売のお仕事をしている場合、本業として働いている会社に借金をしようとしていることをバレるのが怖い人もいるでしょう。しかし、やはり一般企業の方が信用度は高いので、この場合はできるだけ本業の会社を職場として記入するようにしましょう。

また、申し込む企業に関してもしっかり吟味して選ぶ必要があります。やはり水商売のお仕事は若さが重要であり、歳を重ねてしまうとその時は高い年収を稼ぐことができていても年収が下がることが大半です。

そのようなことがあることから、企業側もこのようなお仕事をしている人に対する基準はフリーターやアルバイターよりも厳しく設けているところが多いと言えます。そのため、あまり基準を厳しく設けていない企業を選ぶと通りやすいと言えるでしょう。

ねらい目と言えるのは、「フリーター、主婦OK」などといったあまり社会的信用を得ることができない職業でもOKとしている企業です。

消費者金融とカードローンどっちが良いの?

chigai

お金を借りることができるサービスには

  1. 消費者金融
  2. カードローン

の2つが挙げられます。

基本的にこのようなお仕事をしている場合、カードローンよりも消費者金融の方が審査に通りやすいと言えるでしょう。

カードローンを運営しているのは銀行が大半であり、審査がとても厳しく、普通に社会生活を送っている人でも落ちてしまうことがあるほどです。それに対して消費者金融であれば、定期的な収入があることが証明することができます。

それに、複数の会社から借金をしておらず、借りているお金の返済やクレジットカード、携帯電話、家賃の支払いを滞っていなければ大体通ります。このようにカードローンよりも緩めなので、こちらに申し込むのが良いと言えるでしょう。

お金を借りる場合は、まず最初に自分で稼ぐことができる金額かどうかを考えたうえで借りるのが大切です。借りた後も利子が付いてしまうので、借りたお金に何割かのお金を上乗せして返済しなければいけません。

そのため、利用することを考えているのであれば、まず申し込みをする前に、職場に給料の前借りをすることができるかスタッフの人に相談するのが良いでしょう。

やはり借金を抱えている人が多い業界なので、柔軟に対応してくれる職場が多く、急いでお金を用意する必要がある時でも、借金をせずに用意することができる可能性が高いです。

借り入れの際の信用情報というものはいったいいつまで残ってしまうのか

あらゆる場面で世の中は便利になってきていますが、たとえばお金のことに関しても手軽に借り入れができるようなサービスが増えていますよね。その代表的なものは何かといいますと、キャッシングです。これを賢く利用している方が今は本当に多くなっています。

キャッシングは消費者金融などで提供されているサービスですが、簡単に言ってしまえば個人向けの少額融資ということになります。よく事業などで多額のお金が必要になるとき、銀行から借り入れを行うことがありますが、この場合の借り入れとは違い、あくまでも個人に対して行われる融資になるのですね。

ですから企業が事業のために借り入れをするときよりも限度額は少なくなってしまいます。でもこのキャッシングには無担保無保証というメリットがあるのですね。これはキャッシングというサービスが個人としての信用力を重視していることで実現するものだからです。

しかし、このキャッシングがいくら手軽に借り入れができるサービスだと言っても、あくまでも借金には違いありませんから、貸す側は充分に返済能力があるのかどうかという判断が重要になってきますよね。これは当然のことです。そのために審査というものが行われます。

よく銀行よりも消費者金融の方が審査は甘いと言われることがありますが、確かに銀行ではかなり厳しく時間もかかってしまうのですが、消費者金融の方が甘いということはありません。実際にパスできない方だっているのですから。

ではこの審査というものはどのように行われるのでしょうか、ここが気になるところですよね。

過去に返済の延滞が発覚すれば借り入れはまずできない

このようなキャッシングを利用するときに必ず審査が行われるわけですが、その基準というものはどこの金融機関でも詳細は明かしていませんよね。そして、各金融機関でその基準は違いますから、ここで明確な説明を出すわけにはいかないのですが、ただ確実に言えることは、借り入れを行えばそれは個人信用情報として残されるということです。

この個人信用情報というものはどこの金融機関でも共有しているもので、この人にお金を貸しても問題がないかどうかの判断に使われています。ならばそれはどのような情報なのかということが疑問になりますよね。

情報として記載されるのは、まず借り入れを行ったという事実ですね。これは他の金融機関でも借り入れの事実があるかどうかを確認することができます。あまりにも多くの金融機関から借り入れが行われていれば、多重債務者として新たな借り入れが不可能になるケースもあります。それから長期滞納といった事実がある場合に載ってしまう情報もあります。

いわゆるブラックリストと呼ばれるもので、これがあると大概は借り入れができなくなります。こうした情報はいつまで記載されているのかというと、借り入れをした事実が記録される情報は約半年間で消えると言われています。

多重債務者として扱われないためには、最後に借り入れを行ってから半年は控えた方がいいわけですね。問題なのは返済の延滞などをした情報です。これがなかなか厄介になってしまうのですね。

というのも、この判断は各金融機関で多少の違いがありますから、そういう事実があるのであれば借り入れ事態を断念した方がいいのかもしれません。個人信用情報としては最長で5年間は残ってしまいます。

強制解約や延滞などの過去の情報も分かってしまう

個人信用情報では他にも気を付けたいことがあります。それは強制解約と債務整理というものなのですね。

強制解約というものは延滞が長期にわたるような場合、金融機関から強制的に契約を打ち切られてしまうことです。このような強制解約になってしまったとき、その情報は最長で5年間にわたって残ってしまいます。

また、債務整理をした場合、この情報というものはいったいどのくらいまで残ってしまうのか、ここが気になります。債務整理とは、返済不能となる多額の借金を法的に整理する手続きのことですよね。

今はけっこう耳にすることがあります。そして、この債務整理には破産、任意整理、個人再生、特定調停などさまざまな種類があるのですね。それで情報にはどのくらいの期間残ってしまうのかと言えば、破産なら最長5年から10年、任意整理なら最長5年間にわたって記録が残ることになります。

繰り返し言うようですが、これらの個人信用情報というものはどこの金融機関でも共有しているものですから、審査の際には必ず分かってしまいます。どんなに隠そうと努力しても隠し切れないのですね。

ただし、こうした情報からもしも不都合が発覚して審査に通らなかった場合でも、金融機関から申込者に情報開示をすることはありません。おそらく口を濁して、見送らせていただきます、ということになるでしょう。

しかし、こうした強制解約や債務整理というものは、本人が一番理解しているものですから、そういう場合には申し込みを諦めるという事も大事なのではないでしょうか。

充分に気を付けたいのは、それでも借り入れを承諾してくれるという業者ですね。これは怪しいことこの上ありません。

万全の準備で消費者金融に申込をする事

kirakira

消費者金融に申込をする時、身分を証明できるものは必要不可欠です。もしも提出する事ができないと本人なのかどうか判断する事ができなくなってしまうので、怪しい人物もしくは危険人物として判断されてしまいます。その結果、審査を通過する事が難しくなってしまうので気をつけないといけないです。

身分証明に活用する事ができる書類はいくつも存在しており、まずは運転免許証になります。運転免許証は氏名の他に生年月日や住所など本人なのかどうか判断できる情報がいくつも掲載されています。

更に写真が掲載されているので、本人なのかどうかこの部分においても確認できるようになっているのが魅力です。その為、多くの人が運転免許証を申込する時に提出しており、本人なのかどうか証明しています。

運転免許証を持っていなくても健康保険証を提出する事ができれば、全然問題はありません。健康保険証は運転免許証と同じで氏名や生年月日の他に住所などが掲載されているので、身分証明として活用する事が可能です。

提出する書類が異なるからといって、審査に悪い影響を与える可能性がほとんどないです。また住民票も身分証明をする事ができるので、基本的にはこの3つになります。

全部揃える必要は一切なく、どれか一つを提出するだけで全然問題はありません。申込をする時にどれを提出するのかどうか自分で冷静に決める事が求められてきます。

どのくらいの収入を獲得しているのか提示

消費者金融が審査で確認している部分として、収入面をチェックしています。一定以上の収入を確保している人物に対し、融資を実施しているので、残念ながら収入が少ない方は消費者金融の審査を通過する事が難しいです。その人によって収入を証明できる書類が異なっているので、慎重に判断しなくてはいけないです。

会社勤務の方は源泉徴収票もしくは年末調整に関するものを提出する事ができれば、収入を証明できるようになっています。特に高額融資を希望している方は相応のお金を獲得していないと残念ながら融資を受ける事ができないので、気をつけてもらいたいです。

どちらでも全然問題はありませんが前年度の収入を証明できるものを提出する事が大切になってきます。その他にも自営業もしくは個人事業主の方は確定申告の書類が重要になってきます。確定申告の書類を提出する事ができれば、どのくらいのお金を稼いでいるのか判断する事ができます。

そして多くのお金を稼いでいる方は相応の収入を獲得しているので、高い返済力がある人物として判断してもらうことができるようになります。

自営業の方で注意しないといけないのは、消費者金融によっては仕事内容を理解していない可能性があります。そこで分かりやすくそして丁寧に教えていかないとちゃんと理解してもらえない為、審査を通過する事ができなくなってしまいます。

そのような状況を回避する為にも何度でも分かりやすく教えていき、理解してもらう事が重要なポイントです。仕事内容や雇用形態も判断基準の一つになっているので、好印象を与えられるように工夫しなくてはいけません。

少しずつ準備する事が何よりも大切

必要な書類を提出する事ができないと万全の態勢で申込をする事ができません。身分証明書に関してはすぐに準備する事ができるかもしれませんが収入証明するためには時間がかかってしまう場合があります。そこで少しずつ準備をしていき、何時でも提出できるように整える事が大切になってきます。

また収入を証明しなくてはいけない場合、一円でも多くのお金を稼ぐ事ができれば、消費者金融に好印象を与える事ができます。融資をする時に一番恐れているのが遅延もしくは滞納になります。たくさんの人が遅延もしくは滞納をしてしまうと資金めぐりに問題が発生してしまって、安定した利益を生み出す事ができなくなってしまいます。

状況によっては倒産という事態を引き起こしてしまうので、基本的に返済力が高い人物に対し、融資を行っている事がほとんどです。収入が多ければ多いほど、高い返済力を維持している人物として証明できるので、審査を通過できる可能性が出てきます。

ただし他社借入や個人の信用情報に深刻なキズが付いている方は、残念ながら融資を受けるのが難しい時があります。その時は他社借り入れ状況の改善や個人の信用情報の回復に専念しないといい結果を出す事ができないです。

少しずつ準備する事で、完璧な状況の中で申込をする事ができ、少なからず申込を完了することができる確率をアップさせることができます。万全な準備をしても残念ながら申込を完了することができなかった時は何かしらの要因が発生しています。

要因を排除しないと残念ながら融資を受ける事ができないので、要因を追及していき、安心して融資を受けられる状況を作っていかないといけません。落ちた理由に関して、教えてもらえないので冷静に分析することが求められてきます。